エミリオプッチ 長財布

財布エミリオプッチ、 エミリオプッチバッグ、 エミリオプッチ 長財布人気定番! 豊富な品揃え! 人気 エミリオプッチ 店舗の最新情報満載! Emilio Pucci 財布 正規品激安大集合! エミリオプッチ バッグ メンズ絶対低価格、 質保証! 強くお勧めします! 是非お見逃しなく! エミリオプッチ 長財布 エミリオ・プッチ(Emilio Pucci)は、1914年11月20日、イタリアナポリで生まれた人なんだ。フィレンツェの侯爵家に生まれたっていうから、かなり裕福な家に育ったんだね。そんなエミリオ・プッチは、高校時代オリンピックのスキーチームの選手だったそうで、自分のデザインしたスキーウェアを雑誌に掲載したのをきっかけに、人気が出てきたみたいだよ。 そのときの雑誌「ハーパース・バザー」から女性用の冬服デザインを依頼されたエミリオ・プッチは、洋服の知名度といっしょに有名になっていくんだ。そのころから、すでにプリント柄が人気だったみたいで、「プリントの王子(Prince of Prints)」って呼ばれていたくらい。セレブの女性にも評判がよくて、愛用する人も多かったよ。 1960年代にはマリリン・モンロー、エリザベス・テーラー、ジャクリーヌ・ケネディ(ジョン・F・ケネディ大統領の元夫人)のようなセレブの影響もあって、アメリカでブームになったんだ。すごいよね!でも、エミリオ・プッチはあまりお金に興味はなかったみたいで、世界に向けて売り込んだりせず、本当に知る人だけが知っているブランドさんだったんだ。今は日本でもたくさん扱ってるけど、昔はビームスくらいだったそうだよ。鮮やかで、インパクトがあって、しかも上品なプリント柄は、特別な位置付けで人気を上げていったんだけど、1992年、エミリオ・プッチは永眠されました。 それ以後は、娘さんのラウドミア・プッチ(Laudomia pucci)がディレクターになってブランドを盛り上げていくんだけど、2003年春夏~2005年までは、デザイナーがクリスチャン・ラクロア(Christian Lacroix)になって、日本でも少しずつ有名になっていったんだ。日本での展開としては、最初のころはセレクトショップの「インターミックス」や「ユナイテッドアローズ」が扱っていたんだけど。伊勢丹や阪急などの百貨店にショップができたり、2004年11月銀座にオープンした路面店の影響もあって、ファッション好きなら誰でも知ってる有名ブランドさんになってきたよ☆エレガントで美しく、そして個性的なエミリオ・プッチのプリント柄は、着る人を選ぶというか使いこなすのが難しいけど、これからも幅広い女性に指示されていくと思うな。 現在、娘のラウドミア・プッチはイメージ・ディレクターを務めています。2004年秋冬からスキーウェアコレクションを、ロシニョールとの提携により再開しています。日本では「エミリオ・プッチ 銀座店 」が東京銀座に2004年11月26日オープン。(ウィキぺデイアより引用)